動きやすいものを使う

ユニフォームの金額や価格の傾向について

介護をする上では、移動やおむつ交換で中腰になったり前かがみになったりと色々な動きがあるので、ユニフォームに関しては動きやすさや吸湿性の良い素材のものが多くなっています。 介護施設によってジャージだったり、ポロシャツだったりとユニフォームを揃えているところも多くありますが、介護ユニフォームに関してはさほど高価な価格ではないのが特徴です。施設によっては介護者の氏名をユニフォームに刺繍しているところもありますが、刺繍に関してはサービスで入れてくれる業者もあります。 介護の仕事をしている場合には、毎日ユニフォームを洗濯する必要があるので、洗い替えに何枚か揃えるために、一枚当たりの単価を抑える傾向にあります。

これまでの歴史や変遷

介護の仕事は資格がなくてもできる仕事ではありますが、最近では資格を重要視する風潮もあり、福祉や介護の専門的な知識を身に付けるための専門学校も数多くあります。 それらの専門学校では、授業の一環として実際の介護施設での実習がありますが、多くの学校では独自のユニフォームを用意しており、実習に備えています。 最近では、家庭的な雰囲気を出すためにあえて指定のユニフォームを作らず、私服で仕事をする高齢者施設などもありますが、食事や入浴の際にはエプロンの使用をするなど使い分けが必要になります。 高齢者施設などで使用されているエプロンやユニフォームは、清潔感や明るさを意識した淡い色などが多いのが特徴ですが、機能性に優れた商品が人気となっています。